6.美肌の敵それは・・・パート2


美肌を手に入れるぞ!「ニキビを早く治し隊」出動っ!


ということで…


今日は美肌の大敵「ニキビ」ができるまでに体の中で何が起きているのか!?


それを探っていきたいと思います。


まず、毛穴の中には、「皮脂腺」という皮脂を分泌するところがあります。
そこで分泌された皮脂は、普段は毛穴から放出されます。


汗なんかの放出と比較して考えると、
なんとなくイメージできますよねっ(^0^)


しかぁ~し!


分泌される皮脂の量が多くなってくると、
放出が間に合わなくなってきます。


さらに悪いことに、以前にも少しご説明した「表皮」の
「角質層」が厚く、硬くなっていると、毛穴がふさがってしまい、
皮脂が外に出られなくなってしまいます。


皮脂が毛穴内の「毛包」…コレ!キーワードですっ!
「毛包」というところにたまっていくと、それがニキビ菌のエネルギーと
なってしまうので、ニキビ菌が繁殖します。


また、ニキビ菌は空気の出入りが少ないところが大好きな菌なので、
毛穴がふさがっていると、皮脂との相乗効果でどんどん繁殖し、
ひどくなると化膿してしまいます。


この化膿した状態が「ニキビ」です。


白い皮脂分がプツリとできてしまった状態は誰もが見たこと、
あるのではないでしょうか(・_・?


「ニキビ」の発症の前段階として、ニキビ菌の増殖が隠れて進行しているんですね。


では、美肌を作るべく、「ニキビ」にどう立ち向かえばいいのか?!
それは次回につづきます!
[PR]
by netwin6 | 2012-11-13 10:55