10.ニキビが出来るまで、その3

「ニキビ」のでき方を検証している
「ニキビのない美肌になり隊!」


今日で3回目の出動ですっ!


今日取り上げるのは美肌の敵「ニキビ」の
「コメドができる」という工程です。


コメドって何?


…と思われる方が多いことでしょう。


「コメド」は英語では「Comedo」という綴りで、
日本語に直訳すると「ニキビ」となります。


でも、日本で「コメド」と言う場合は、
ニキビの原因となる、角栓を指す場合が多いようです。


「角栓」とは、毛穴につまった皮脂や角質の塊のことです。


そう!ニキビをつぶしたときに出てくる
白いゴマのみたいな、「ニキビの芯」と言われるモノです。


実は、この段階で、コメドだけを上手に押し出すことができれば、
跡にならずに治すことができ、美肌を目指すことができます。


「コメド」には、「クローズドコメド」と
「オープンコメド」の2種類があります。


「クローズドコメド」日本語で言うと「閉鎖面ぼう」は、
毛穴の出口が完全にふさがれた状態のもので、
炎症を起こしやすい角栓です。


表面からは若干膨らんでいる程度でよく見えませんが、
触ると小さなしこりのようなものがあります。


これを通称「白ニキビ」ともいいます。


「オープンコメド」つまり「開放面ぼう」は、
毛穴の出口が多少開いている状態のもので、
コメドが酸化してしまうために、汚れて黒くポツポツとしています。


これを通称「黒ニキビ」といいます。


「コメド」のコト少しわかっていただけましたか(^ω^?
[PR]
by netwin6 | 2012-11-18 00:00